logo_aids_study

AIDS STUDY「勉強会」2018.01.14

本日のAIDS STUDY勉強会は神戸にて開催。
参加者10名、年齢層は10代から40代まで幅広く、様々なご意見を頂く事が出来ました。

今回はHIVに関する中で病理学と社会学の範囲について、ふれんどりーKOBEのそれぞれ担当スタッフが調べたものをパワーポイントにまとめ発表し、その情報を共有する形となりました。

社会学のレポートはこちら。

病理学のレポートはこちら。

病理学ではそもそもHIVとは何かという基本的な説明から治療方法や薬についての説明がなされ、特にHIVが完治しない病気である事と継続的な投薬治療の必要性について情報を共有する事が出来ました。

社会学ではFutures Japanの統計資料(※1)を基に、感染者が安心して治療を行う上で不安に感じる事柄を抽出しその対策について説明がなされました。その中で今回は特に地方に住む感染者のプライバシーの問題について、小さなコミュニティの中で如何にしてプライバシーを守ることが出来るのか、勉強会参加者の意見も取り入れながら発表が行われました。

今回の発表を終えて、参加者からは『HIVについて、今まで分からなかった深い内容まで知る事が出来た。』
『(社会学の内容を聞いて)陽性者に限らず共感出来る部分があった。』などの意見を頂く事が出来ました。
その中で『専門用語が出てきて分からない所があった。』などの意見もありました。これらの意見を参考にして次回以降の勉強会を更に良いものにしていきたいと思います。今回参加して頂いた皆様、本当にありがとうございました

※1・・・HIV感染者を対象としたweb調査を基にした統計資料