HIV/AIDSについて

この投稿では、2018年1月14日にふれんどりーKOBEが実施した勉強会についてご紹介します。

イベント全体のレポートはこちら。

この勉強会では、虹茶房に参加いただいている方をご招待し、HIV/AIDSの感染機構についてパワーポイントを用いて説明しました。

 

HIVに感染する事と、AIDSを発症することはイコールではありません。HIVウィルスに感染し、体内で増殖したHIVウィルスは、免疫細胞を破壊して、免疫力を低下させます。その結果、様々な日和見感染症を起こします。この状態のことをAIDS発症といいます。

 

AIDS発症の診断は、23種の指標疾患の発症を確認した時にAIDS発症を診断されます。

 

HIVウィルスは血液中の白血球の一種であるCD4細胞に感染します。CD4は免疫細胞の一つで、体の免疫機構の司令塔の役割を担っています。HIVに感染したCD4は、細胞内でHIVを増殖し、破壊されます。血液中のCD4細胞が少なくなると、体内に侵入してきた病原や菌を排除する役割をもつBリンパ球やCD8細胞に指令を送る事が出来なくなり、これらの攻撃細胞も正常に働くことが出来なくなります。そのため、普段ならやっつけることの出来る、菌やウィルスが体内で増殖する事が可能になり、その結果、健常者なら感染する事のない、上記日和見感染症を発症してしまいます。

 

HIVウィルスは以上の過程を経て、CD4細胞内で増殖し、細胞外へ放出します。放出するときにCD4細胞は破壊されます。

 

体内に侵入したHIVは、増殖を一気にはじめ、CD4細胞は急激に減少します。この時期を急性感染期といいます。
しかし、体も負けまいと、大量のCD4細胞を生産し、抗体を作ってHIVと戦います。この期間を無症候期といい、個人差があります。グラフ上では平衡状態ですが、体内ではHIVはCD4を破壊し続けています。
次第にHIVの増殖が免疫に勝ってきて、免疫が正常に働かなくなり、AIDS発症に至ります。

 

HIVの治療は、現在服薬によって体内のウィルス増殖を抑え、血液中のウィルス量を限りなく少なくすることによって、AIDS発症を妨げる事が可能になっています。

 

抗HIV薬には以上の種類があります。

 

一度服薬を始めたら、ずっと死ぬまで飲み続けなくてはなりません。飲み忘れると、薬剤耐性ウィルスを生み出したり、使える薬の数が少なくなるため、忘れず飲むことが重要です。