調査・研究」カテゴリーアーカイブ

調査や研究の結果、レポートなど

HIV/AIDSについて

この投稿では、2018年1月14日にふれんどりーKOBEが実施した勉強会についてご紹介します。

イベント全体のレポートはこちら。

この勉強会では、虹茶房に参加いただいている方をご招待し、HIV/AIDSの感染機構についてパワーポイントを用いて説明しました。

 

HIVに感染する事と、AIDSを発症することはイコールではありません。HIVウィルスに感染し、体内で増殖したHIVウィルスは、免疫細胞を破壊して、免疫力を低下させます。その結果、様々な日和見感染症を起こします。この状態のことをAIDS発症といいます。

 

AIDS発症の診断は、23種の指標疾患の発症を確認した時にAIDS発症を診断されます。

 

HIVウィルスは血液中の白血球の一種であるCD4細胞に感染します。CD4は免疫細胞の一つで、体の免疫機構の司令塔の役割を担っています。HIVに感染したCD4は、細胞内でHIVを増殖し、破壊されます。血液中のCD4細胞が少なくなると、体内に侵入してきた病原や菌を排除する役割をもつBリンパ球やCD8細胞に指令を送る事が出来なくなり、これらの攻撃細胞も正常に働くことが出来なくなります。そのため、普段ならやっつけることの出来る、菌やウィルスが体内で増殖する事が可能になり、その結果、健常者なら感染する事のない、上記日和見感染症を発症してしまいます。

 

HIVウィルスは以上の過程を経て、CD4細胞内で増殖し、細胞外へ放出します。放出するときにCD4細胞は破壊されます。

 

体内に侵入したHIVは、増殖を一気にはじめ、CD4細胞は急激に減少します。この時期を急性感染期といいます。
しかし、体も負けまいと、大量のCD4細胞を生産し、抗体を作ってHIVと戦います。この期間を無症候期といい、個人差があります。グラフ上では平衡状態ですが、体内ではHIVはCD4を破壊し続けています。
次第にHIVの増殖が免疫に勝ってきて、免疫が正常に働かなくなり、AIDS発症に至ります。

 

HIVの治療は、現在服薬によって体内のウィルス増殖を抑え、血液中のウィルス量を限りなく少なくすることによって、AIDS発症を妨げる事が可能になっています。

 

抗HIV薬には以上の種類があります。

 

一度服薬を始めたら、ずっと死ぬまで飲み続けなくてはなりません。飲み忘れると、薬剤耐性ウィルスを生み出したり、使える薬の数が少なくなるため、忘れず飲むことが重要です。

HIV治療の通院負担とプライバシー不安に関する勉強会

2018年1月14日にふれんどりーKOBEは、HIV理解促進を目的とした勉強会を開催しました。虹茶房に参加いただいている方をご招待して、病理学と社会学という異なる2ジャンルについて発表し質疑応答を行いました。

イベント全体のレポートはこちら。

本投稿では、社会学のテーマから「HIVの治療における通院の時間的負担」や「医療支援手続きにおけるプライバシーの不安」についてフォーカスし、HIV陽性者対象のウェブアンケート調査結果をひもときながらご説明した内容を紹介します。

なお、(*出典)としているデータは、「グラフで見る「Futures Japan 調査結果」~HIV陽性者のためのウェブ調査 第1回(2013年7月~2014年2月)」より引用したものです。

目次

  • HIVの治療を受ける人たちの就労
  • HIVの治療を受ける人たちの通院・服薬
  • HIVの治療を受ける人たちへの医療支援制度
  • HIV治療を地元で受けることへの不安
  • まとめ
    続きを読む

レポート|第31回日本エイズ学会(東京)


第31回日本エイズ学会学術集会・総会(以下、エイズ学会)が、2017年11月24日(金)~11月26日(日)の日程で、東京で開かれました。テーマは「未来へつなぐケアと予防 Living Together」です。

私たちも学会に参加してきましたので、その様子をご紹介します。

色んな講演を聞いて、特に気になったのは、2018年1月にエイズ予防指針が改正、施行されることについての話でした。(当報告レポート掲載時にはすでに施行済みである。)

前文に新たに記載された事項として、

現在、様々な研究結果から、抗HIV療法を受けて、体内のウィルス量を検出限界以下で維持していると、他人へHIVを感染させる危険性はほぼないという結果が示されており、それを踏まえて、

「抗HIV療法は他人へHIVを感染させる危険性を減らすこと(Treatment as Prevention:T as P)が示されていること。」

が前文に加えられていました。この事は、早期発見、治療を開始する事によって、AIDS発症を防ぐとともに、新たな感染も防ぐ事が出来る事を意味しています。しかしながら、現在、抗HIV療法は、CD4の値が一定値以下になるまでは更生医療の対象とはならず、治療費が高額になるためHIV感染が判明しても、しばらく治療を開始しない場合もあります。この期間を無くせるように、更生医療をすぐにでも適用出来るような体制に変わることは意義のある事だと感じました。

また、

「エイズを発症した状態でHIVの感染が判明した者が、新規に感染が判明した感染者等の約三割を占めており、HIVの感染の早期発見に向けた更なる施策が必要であること。」

いきなりエイズの数が現状多い事も追記されており、引き続き、早期発見のために検査を受けてもらうための活動も重要であると言えます。

他にも、過去の原因不明で死に至る病という認識のままとどまっている場合があり、いまだに差別や偏見が多いことから、社会や特に青少年に対してHIV感染症、AIDSに関する正確な知識を普及し、差別や偏見をなくす取り組みを行う重要性が記載されていました。

また、男性間で性的接触を行う(MSM)、性風俗産業の従事者、薬物乱用・依存者における感染が拡大する危険性が高いことから、日本では、これらの人々を個別施策層と位置付けており、特にMSMが感染者の過半数を占めており、特に重点的な配慮が必要である事が記載されていました。

国民に正しいHIV/AIDSの知識の普及、偏見差別の解消といったHIV感染者の人権に関与してくる追記が多く、予防啓発から人権啓発へ重点が変化してきつつあると感じました。

当ふれんどりーKOBEでは、毎年街頭でHIV/AIDSに関するリーフレットの配布活動や勉強会、感染拡大の危険性の高い個別施策層であるMSMを含めた性的少数者と市民の交流会である虹茶房は、今回のエイズ予防指針の改正で特にあげられている社会への正しい知識の普及、個別施策層への重点的な配慮に関して、大きく関わってくる事であります。今後もこの活動を維持・継続・発展させていく事の重要性を改めて強く感じました。

その他主な改正事項は、厚生労働省HPのエイズ予防対策に記載がありますので、ご確認下さい。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/aids/

また予防指針には、前回の学会報告でも紹介した、PEP、PrEPについても

「HIVの感染の危険性が高い人々に対する抗HIV薬の曝露前予防投与が有用であることが、近年海外において報告されており、我が国においても曝露前予防投与を行うことが適当かどうかに関して研究を進める必要があること。」

という一文が加えられておりました。

現在、PEP(曝露後予防)、PrEP(曝露前予防)ですが、海 外ではすでに導入している国(米、英、仏、豪、加など)もあり、英ではインターネットでジェネリック薬を安価で買う事も出来、お隣の韓国ではPrEPで抗HIV薬のツルバダを申請中という報告を聞きました。
PrEPを受けているとHIV以外の他のSTI(性感染症)に感染する危険性などが問題視されていましたが、3ヶ月に一回副作用チェック、STI検査を行っており、薬は90日処方となっているため、他のSTIの感染も早期に発見、治療が出来る体制となっていました。
日本では、予防医療は自由診療になり、保険適用がされないため、非常に高額になります。(月10万円前後)まだまだ日本での普及は難しい課題であると感じました。しかしながら、前述の個別施策層で高いリスク層であるMSMなど局所的に適用する意義は大きい事も示唆されていました。HIV予防指針にも追記されましたので、今後の発展に期待したいと思います。

他地方地域の活動についての話では、熊本市保健所の報告が気になりました。2年前の熊本地震によって、甚大な被害を受けた熊本の保健所では、復興業務のために平日毎日行っていた検査を縮小したりしてますが、復興活動で大変な中、それでも啓発活動に取り組んでいる話はとても素晴らしいと思いました。熊本市では、大学ボランティアスタッフや啓発活動をしている任意団体、ゲイ支援サークルなど、様々な団体と連携してHIV予防・知識普及啓発活動を行われていて、報告からも、とても活気に溢れているように感じました。神戸でも、同じように保健所とふれんどりーKOBEやその他団体や大学、医療関係者、などなど連携・協力していけば、今現在、人手不足、資金不足、知識不足で諦めているような活動も出来るかもしれない、そう感じました。

今回の学会に参加して、一番衝撃だったのは、「抗HIV療法は他人へHIVを感染させる危険性を減らすことが出来る」という事をはっきりと発言されていて、またHIV予防指針にも追記されている事でした。
HIVに感染して相手に感染させるかもしれない恐怖、移る恐怖、少なからずとも恐怖がないとは言い切れないし、やはり正しい知識、認識を知らない人にとっては、いまだに恐怖のHIVだというのはよく分かります。しかし、HIVに関する情報はどんどんと変化しています。昔の「恐怖のHIV」の情報のままである多くの人に、新たな情報を発信し、「共に生きるHIV」に変えていき、HIV感染者はもちろん、MSMなどHIV感染拡大の危険性が高い個別施策層、それをとりまく地域社会において、誰もが安心して住みやすい地域を目指して、努力したいと思います。

レポート|第30回日本エイズ学会(鹿児島)


第30回日本エイズ学会学術集会・総会(以下、エイズ学会)が、2016年11月24日(木)~11月26日(土)の日程で、鹿児島で開かれました。テーマは「エイズ学の過去、現在、そして未来」です。

1987年に京都で第1回エイズ研究会が開催され、それから30年目にあたる節目の学会となりました。

30年のエイズ学の歩み、そしてこれからの発展をテーマとし、様々な講演がおこなわれておりました。

私たちも学会に参加してきましたので、その様子をご紹介します。

前回の学会報告でも取り上げたPEP、PrEP(http://www.f-kobe.org/research/report_jaids_meet-29th/)、この件について今年はHIV陽性血液・体液曝露後にPEPを実施している病院の報告を聞きました。PEPは感染成立リスクの軽減に有用であると報告されていますが、日本では保険適用外で、25~30万円と、非常に高い費用がかかります。一方、アメリカではPEP、PrEPは保険適用となっていて、安価で受診することが出来、また保険を持っていない人にもさまざまなサービスが提供されています。そのため、アメリカではPEP、PrEPが広く普及してきているため、アメリカ人旅行者が日本へ渡航中に感染の疑いがあった時に、PEPを希望する人が多いようです。日本でもだんだんと情報が普及されてきつつあるため、PEPを希望する受診者は増加すると予想されておりました。

日本では一般市民にはそこまで周知されておらず、知っていても高額な治療費となるため、断念する人が多いのが現状です。日本では予防医療に保険適用がされないため難しい課題ではありますし、PEP、PrEPが100%感染を防いでくれるわけではありませんが、セイファーセックスしか防ぐ手立てがなかった今までから、HIV感染者の増加を防ぐ一つの方法として、これからも研究が進んで、日本でも保険適用され安価で受診出来る環境が整っていけばいいなと思いました。

 

HIVに感染すると現状完治することはできません。なので、生涯病院へ通うことが必要となります。HIV診療は基本的にその地域に指定されているHIV拠点病院で受診することになります。しかし、生きてる上で風邪や虫歯など一般の病院でも受診出来る病気にかかる事もあります。その通院に対する問題についての報告もありました。

HIV陽性者に他院受診状況に関するアンケートを取った報告を聞きました。他院受診時にHIV陽性であることを報告したかの質問で、6割以上の人が伝えていませんでした。その理由として、プライバシーの漏洩、差別的目線、診療拒否への不安があった。HIV陽性である事を伝えた人の中には若干名HIV陽性を理由に診療を断られた人もいました。

拠点病院が遠いため、HIV診療以外での通院は他院を希望する人は多く、HIV陽性を伝えずに受診することは、医療従事者への感染や、抗HIV薬との相互作用などいくつかの問題があります。しかしながら、診療拒否やプライバシーの問題など、陽性者の精神的不安も多いです。プライバシーの問題は近隣になればなるほど、情報漏洩が気になるもので、難しい課題ですが、診療拒否はHIV陽性者でも受診可能な病院一覧などあれば、診療拒否を気にせずに受診することが出来、陽性者の不安や負担が軽減されるのではと思いました。

 

ふれんどりーKOBEでも設立を目指している、陽性者支援についてもたくさんの団体が報告を挙げていました。

今回の学会は鹿児島で開催されていたこともあり、鹿児島をはじめとする九州、中四国など地方で活動する団体の報告を聞きました。地方では、都市部よりも隠して生きる人の割合が多く、陽性者同士で語る場としてのピアミーティングを開催しても、なかなか参加につながらなかったり、圧倒的な人手不足で、コンスタントに開催するのが難しいのが、現状どこの団体でも課題となっていました。しかし、そういった陽性者支援団体が地域にあるということは、今現状参加することが出来ない陽性者にとっても心強く、重要なものになっているとありました。人手不足、周囲にバレる不安といったものは、ふれんどりーKOBEでも同様に課題となっております。

 

30年目の学会ということで、これまでのエイズ学の変遷の紹介もありました。僕がふれんどりーKOBEに入って6年になりますが、エイズが発見された当初やそれから抗HIV薬が出来るまで、抗HIV薬が出来てからの話など、今まで知らなかった話もありました。医学の進歩によって、エイズは死の病気ではなくなりました。ふれんどりーKOBEで行っている街頭リーフレット配布での通行人の反応は様々ですが、「恐い、私は関係ない、避ける」といった人は一定数いらっしゃいます。そういった街角での反応を見ているとエイズが発見された当初の差別的な見方は今もなお根強く残っているように感じますし、HIV/エイズに関わりをもっていない人たちにとっては、正しい知識や現状のHIV事情を知らない人は多いと感じます。今後も多くの一般市民にHIV/エイズに触れてもらい、差別や偏見をなくし、今のHIV/エイズを知ってもらえるような活動をしていきたいと思いました。

自立支援医療に関する勉強会資料 第1版

HIV感染後の生活ってどんな

HIVの検査を受けましょう。こんな呼びかけがHIV啓発の場ではよくあります。ですが、HIV感染の不安が大きい人ほど、検査を受けにくいと考えられます。治療費のことや、仕事を継続できるか、差別的なレッテルを貼られる扱いを受けないか、などなど。特にゲイの人にとって、性生活はどうなる?恋人はつくれなくなる?など不安はとても多いことでしょう。

HIV治療開始後は、「身体障害者手帳」に基づき、様々な支援を受けることができます。どんな制度があって、どんな生活をすることが出来るのかが分かると、少しでも感染後の不安を軽減し、検査に行きやすくなるようになればと考え、支援制度について調査を行いました。

すると、国や中央省庁が国レベルで行っているものや、地方自治体が提供する地域レベルで行っているものがあることが分かりました。またそれらは様々な制度と関係し、多岐にわたっていて複雑なものでした。受けられるプログラムの内容も地方によって異なるようです。ふれんどりーKOBEでは、そういった制度を知るための調査と、結果の共有のための勉強会を行いました。その際の資料を公開します。正直、中身は言葉が難しいです(笑)。

ふれんどりーKOBE 自立支援医療に関する勉強会資料_01

レポート|PrEPのこれからについて

2015年のエイズ学会から2か月後の2016年2月7日、関西のHIV対策に関わるコミュニティセンター・行政・CBO(Comunity Based Organization)の有志によって新たな予防戦略に関する意見交換会が開かれ、その中でPrEPの是非についても話し合う機会がありました。また、HIV治療に長年取り組まれている熊本大学の松下先生が参加され、PrEP推奨の根拠となる実験やPrEPのターゲットに関する最新情報について解説いただきましたのでその様子をレポートします。

続きを読む

レポート|第29回日本エイズ学会(東京)

第29回日本エイズ学会学術集会・総会(以下、エイズ学会)が、2015年11月30日(月)~12月1日(火)の日程で、東京で開かれました。テーマは「予防、予防、予防 そして 予防」です。

全国各地で、HIVの感染予防、検査推進、治療支援などの取り組みが行われていますが、学会テーマ「予防」は、HIV感染を広げないための対策であり、HIV・AIDS対策の基本です。2015年7月に、従来のコンドームの使用とは異なる予防方法が、世界保健機関(WHO)から推奨勧告され、予防方法も進化しています。

私たちも学会に参加してきましたので、その様子をご紹介します。

続きを読む

はじめてのエイズ・HIV

エイズやHIVという言葉は知っているけど、どんなものかはあまり知らない。という方を対象にHIVの基礎的なことを説明します。ふれんどりーKOBEのHIVに関する記事を読んでみたけどあまりよくわからない、といった方にもぜひ読んでいただきたいと思います。

続きを読む

レポート|ジェンダーについて語り合う

神戸市内で開かれたジェンダーをテーマにした座談会に参加してきましたのでご紹介したいと思います。LGBTの活動をされている方や関連団体ではなく、ノンケ(=LGBTではない人たちのこと。ストレート。)が主催されており、ノンケが考えるジェンダーについて知る良い機会だと考え、参加してみました。

続きを読む